ホーム>リフォーム>住宅リフォーム

住宅リフォーム

リフォーム会社選びのポイント

建設業許可を受けている会社かどうか

建設業許可を受けている会社かどうか

建設業許可とは、ある業者が建設業を営むために必要な建設業法に基づく許可のことです。
リフォーム行も建設業の一種ですから、当然リフォームを行う業者には建設業許可が必要となります。
しかし建設業許可を受けていない業者でも受注金額が500円未満であれば工事を請負うことができます。
法的には建設業許可を受けていない業者でもリフォームを請負うことができますが、悪徳業者によるリフォームトラブルが増加している昨今、業者選びの際は建設業許可を受けているかどうかをご確認ください。

アフターメンテナンスの対応

新築の場合も同じですが、価格が安いからといって即決しないでください。
アフターメンテナンスがきちんと行われているかどうかをご確認ください。
スタッフや会社、業者の対応など、お施主様の声を聞いてみるのも手だと思います。

見積りの内容が明確であること

工事する部位毎に工事内容、材料等が分かりやすい見積りをしてくれる会社が信頼関係につながります。
「キッチン工事一式○○○円」だけでは、何が入っていて何が入っていないのか分からないので、後々のトラブルの元です。

PAGE TOP